シディ・ブ・サイド

チュニジアと言っても、イメージの持てない人も多いと思います。

ので。
まずは、アラブな風景写真から。
ここ「シディ・ブ・サイド」はチュニス近郊の町で、チュニジアの中で最も美しいと言われています。
b0083985_7355468.jpg
前に広がる南地中海と同じ色の扉。チュニジアンブルーと言うそうです。
黒の鋲がなんともカッコイイ。

b0083985_7392338.jpg


b0083985_7414519.jpg
こういうアーチに白黒の縞々はアラブなのですが、どことなく・・・。

b0083985_7381846.jpg
どことな~く、南スペイン(特にアルプハーラ地方ね)に似てるな~と思ってたら。
16世紀にスペインが占領してたから、ここはアンダルシアの影響が色濃いそうな(納得)
b0083985_7471857.jpg
ぶら下がってるのは「ファティマの手」。
モハメッドの娘、慈悲深きファティマの「手」は災いや病魔を防ぐシンボルとされてるのです。
ファティマの手って、左手なのですよね(二つ下がってるの、どっちも左手)。
イスラムで不浄と言われる左手が、これだけは災いを防ぐ有り難いものと信じられてます。

余談ですが、スペイン・グラナダにあるアルハンブラ宮殿の入り口の門にも、ファティマの手と鍵の彫り物がしてあります。
その左手が伸びて鍵を掴む時、宮殿は崩れ、モーロ(アルハンブラを立てたイスラムの王家)の宝が現れるという伝説があるのです。ファティマの手っていつも幻想的だなぁ。

b0083985_861537.jpg
ジャスミンの花に糸を通してブーケやネックレスを作ってるところ。

b0083985_8122439.jpg
チュニジアは子供にとても優しい、笑顔の多い、のんびりした国でした。

[PR]
by tabikuma | 2007-09-09 08:16 | 07年 船旅(Italia,Tunes)

blog「くーまくーま。」より旅だけをまとめたものです。


by tabikuma