来年の6月にまた会おうね、KUMA号!

家だってなんだって、長く人が住んでいないと、荒れるのだそうです。
今までと違って、来年の6月までずっとKUMA号をここに放っておくことになる。
寂しくなって悲しんじゃう気がして、みんなで一生懸命声をかけてきました。
b0083985_6421668.jpg
「来年の6月に必ず帰ってくるからねっ。絶対来るから心配しないでね!
それまでここで頑張るんだよ!!
今年の夏、いっぱい頑張ってくれてどうもありがとう、KUMA号!!」

実際、古いエンジンを大事に使っているのですが、おかげでひと踏ん張りの時はつい
「がんばれぇ、KUMA号、もうちょっとだからがんばってくれぇ」と声をかけてしまう。
船の壊れた部分を直したり、洗ったり、新しくするたびに、ただの「モノ」とは思えなくなってます~(笑)


b0083985_784879.jpg
さて、港からチュニスまでは、贅沢にもタクシーをチャーターしました。
お鍋もあるし、枕もあるし(私のお気に入り枕を、船旅後くうまが「僕の枕にちょうだいっ」とせがむので…)、その上普通に荷物もあるし。
旅の最後はケチケチしないことにしてるんです。
楽しかった旅の思い出を、楽しいまま家に持って帰りたいもんね。



[PR]
by tabikuma | 2007-09-09 07:24 | 07年 船旅(Italia,Tunes)

blog「くーまくーま。」より旅だけをまとめたものです。


by tabikuma