チピオナ・旅の終わり。

さて、滞在中にパパとくうまは真面目に釣りに取り組みました。
そうしたら、なんとくうまは
b0083985_522565.jpg
15匹も釣ってしまったのですっ(@パパは5匹)。
くうまが大喜びしたのは言うまでもありません。
「パパとくうちゃんで魚屋さんやろうよ。お金たくさん儲かるよ」だって(笑)
男どもが食料を持って帰ってきたので、船で待っていた私はご飯の用意。
大きなのを選んで、とりあえずはお刺身にっ。しそ君大活躍~。
b0083985_562322.jpg
とりたての小鯛って、身が締まってて、なんだかハモみたいな味でした。

チピオナの砂浜にも遊びに行きました。
砂浜をお菓子売りが通っていきました。日本のアイスクリン屋さんみたい(笑)
b0083985_5121199.jpg
この日は、家族で世界のピラミッド競争をしました(笑)
b0083985_513135.jpg
私はメキシコピラミッドで挑みました~。
心臓を捧げる為の像と言われる、チャックモールも作ったら、通りすがりの人に大人気さ。

b0083985_5173273.jpg
うちの近所では見ない、赤とんぼがいっぱい。
やっぱり川にある村なんだなぁ。そして、もう秋なんだなぁ。

チピオナを後にして、またジブラルタルを越えて、アルメリアへ。
直前までそう考えていた私達ですが、ここに船を置くという手はないのかと考え始めました。
それほどに、ここが気に入ってしまったのです。

第一に、魚屋でお魚の種類が豊富で安い!
第二に、魚がよく釣れる!
第三に、マグロがうまい!
第四に、街が楽しい!

問題は、家から4時間近くかかることなのですが。

でもま、今年は船の修理ポイントは一つだし(まだあるとも言えるけど)、基本的に大掛かりな補修はないし、家とマリーナを日帰り往復することもなさそうです。
一回行ったら数日は泊まるなら、この遠さはそう問題はない(と、運転者が言っているし)。
来年の初夏までは、そうそう長旅はなしとはいえ、楽しい街に置けば冬でも行く気になって、別荘に使えるんじゃないかなぁなんて考えはじめ。
結局、今年はチピオナに置くことにしたのでした。
今年は釣りのスキルアップを目指してもらおう。

さて。
b0083985_5221221.jpg
この度の船旅を終えて、くうまはどう成長したのか。
何故だか、お箸が使えるようになってました~(笑)


ということで、2006年の船旅は終了したのでした。
by tabikuma | 2006-10-19 05:27 | 06年 ヨットの旅(portugal)

blog「くーまくーま。」より旅だけをまとめたものです。


by tabikuma