アジャモンテ。

ポルトガルとスペインの国境にある、スペインの村アジャモンテにて一泊。
行きは、カディスからポルティマオン直行だったので、沖に船をだして進んだコース。
沿岸で戻ったのは失敗でした。
岸近くには、仕掛けた蛸壷やら網やらがいっぱい。
その目印の浮きは透明なペットボトルを浮かせてるだけの粗末なものが大半で、航海中見えません。でも、引っ掛けるとラダー(船の舵)やエンジンを傷めるので、四六時中見張りが必要。
トイレに行くにも、声をかけて片時も目を離すことができず、疲れました。

でも、川を挟んで左がポルトガル、右がスペインなんて馬鹿げた見えない境界線は、
実際その場に立たないと実感がわかないものなので、くうまに見せられて良かったです。
地図で色分けされた「国」は、人間が勝手に線を引いたものに過ぎないんですよね。

アジャモンテは蚊の多いところで、逃げるように翌朝去りました(笑)
一番の思い出といったら、これ。
b0083985_2013127.jpg
モンゴウイカの卵のニンニクオリーブオイル炒め。初めて食べたけどモチモチでした。
b0083985_2022610.jpg



[PR]
by tabikuma | 2006-10-04 20:02 | 06年 ヨットの旅(portugal)

blog「くーまくーま。」より旅だけをまとめたものです。


by tabikuma