パレンケの遺跡。

サン・クリストバルと共に、楽しみにしていたのが、パレンケのピラミッドです。

世界文化遺産の、ジャングルの中に突然そびえ立っているピラミッド。
なにかというと「不思議もの」「オーパーツ」として取りあげられてきたパカル王の棺。
9世紀に謎に満ちた放棄のされ方をし、800年間廃墟のままジャングルに眠っていた遺跡。
ジャングルに守られていたおかげで、奇跡的に略奪を最小限に留めることができた王の墓。
そして、D.F.人類学博物館にて「マヤの部屋」に飾られた、パレンケから出土トーテムの立体感あるレリーフの特異さも、パレンケ行きをワクワクさせてくれた要因でした。

パレンケ見られるなんて、もー嬉しくて嬉しくて、8時開門の15分前に到着してしまった(笑)
b0083985_22322729.jpg
「碑文の神殿」と呼ばれるピラミッド。この地下よりパカル王が眠る墳墓が発見された。
傷みが激しくて、墳墓の公開は15年前にやめてしまったとか。残念だぁぁぁぁぁ(涙)
地下墳墓へ行く気分までも再現したレプリカが、D.F.の人類学博物館で見られるのみ。
「宇宙飛行」に見えるという、パカル王の棺の蓋は重すぎて運び出せぬままここに。

b0083985_22345037.jpgピラミッドの中に入って、パカル王の棺を見るのを楽しみにしていたので、かなりショック・・・。
でも、パカル王のピラミッド前にある宮殿の方は、複雑な構造で色々出たり入ったりができて、くうまのお気に入り。

宮殿の中は、石が朽ち色が変わっていて、長い長い年月植物の中に埋もれていたことをひしひし感じさせてくれます。これはまさしく「天空の城ラピュタ」の設定そのものっ。
パズーがひた走った回廊とか、シータがムスカに連れ去られた部屋へ続く道みたいなのがたくさん。ペンダント持って呪文を唱えると、どっか開いたりしそうですよ(笑)
b0083985_2235269.jpg
で、思わずパズーのまね。
「シータぁぁぁ!!」
「パズー、ペンダントを・・・捨ててぇ」
クライマックスで、ムスカからペンダントを奪って逃げるシータと彼女を捜して回廊を走っていたパズーが、仕切りの小窓越しに出会うところ。こんなかんじだったでしょ?(笑)

b0083985_22355422.jpgさて、初期部が7世紀頃に造られ、以後120年かけてた増築で、4つの中庭を持つ建物がアーケードや地下通路でつながる複雑な形をしているので、隠れんぼや追いかけっこしながらどんどん進むかんじです。すんごい楽しいっ(笑)


深さ3mの水路が引かれた建物の地下には、建築当時、なんと水洗トイレやスチームバスがあったそうですっ。
んで、ここ↓がトイレ。
どうやって水洗にしてたんだろう??
「ママ、穴覗いて!臭い?」だって(爆)
やっぱりまだ「昔々」がどのくらいの昔か想像するのは難しいよね。ははは(苦笑)

b0083985_22371999.jpg

b0083985_2237504.jpg

4階建ての塔はマヤ建築で他に例のないものだそうです。。
壁面が東西南北を指すよう設計されていることから、天体観測に利用されたと推測されてます。
この塔から見ると、冬至には太陽がちょうど碑文の神殿(パカル王のピラミッド)に沈むように見えるのだとか。
踊り場の一つに金星を表す絵文字があるそうですが、立ち入りは禁止でした。
b0083985_22382779.jpg
マヤ文字です。
約900の接字や主字の組み合わせで構成され、簡単な見方をすれば漢字のよう。
字体も「幾何体」「頭字体」「全身像体」とあって、「幾何体」「頭字体」はひらがなと漢字のような関係にあるそうです。でも文字一つが複雑すぎるような(汗)
b0083985_18521465.jpg文字は神官と一部上流階級に伝えられたそうですが。
覚えるの大変だったろうな・・・。
マヤ文字の中に「歯痛の文字」というのがあって、これがまた歯が痛くて布で覆ってるように見えるでしょ? →
現物を一度でいいから見てみたいと、家族で必死に探しまくったけれど結局見つけられなかったぁ。くー、残念。
b0083985_2239712.jpg

b0083985_0212760.jpg
「葉の十字の神殿」に残るレリーフ。
b0083985_0252728.jpg

b0083985_0255837.jpg
レリーフが薄れているとか、遺跡が崩れているものを、想像で補っていくのが遺跡散策。
どうして?これはなに?連発のくうまに、ガイドブックを直接見せて説明しました。
b0083985_0262825.jpg
なるほど~・・・・・・
b0083985_0231088.jpg
(↑ クリックすると大きくなります)
b0083985_0234213.jpg
「十字の神殿」より「太陽の神殿」を望む。

b0083985_022265.jpg

ジャングルの木々の生き生きとした緑が、とても美しくて。
木々を切り開いて、この遺跡をここまで見られるように整備したそうで、まだまだ森の中には発掘途中の遺跡達が、木の根に侵食されて埋もれていました。
ピラミッドの上に登ってひと休みしていると、森を渡る涼やかな風がそよそよ。
ぼー・・・。
彼方からの声。
「ママー、お腹空いた~」(涙)


b0083985_0311563.jpg
博物館にて。
b0083985_0314674.jpg
これ、この目、真面目に作ったんだと思う?(笑)
昔だって漫才師とかお笑いアートとかあったんじゃないかなぁ・・・ぷぷぷ。
b0083985_033830.jpg
真面目に作った方はこちら。すっごい写実的でしょ。
太ももの曲線、すごい美しいなぁ。あと、足の長さ修正なしとかね(笑)

[PR]
by tabikuma | 2006-07-02 00:36 | メキシコの旅(D.F.→Yucatan)

blog「くーまくーま。」より旅だけをまとめたものです。


by tabikuma