飛び入り子供アートクラス! くーま、NYをいく。6日目  

私達と一緒にいると、英語で話しかけられるとか
話さなきゃいけないシチュエーションがなくて、残念なくうま。
まだ5W1Hも習ってないので、
とりあえず、トイレどこですか?を聞きに行くのがやっと、ではありますが。

で、
アート系WSなら、状況の想像もつくだろうし、
一人で参加し、切羽詰まった状況で自分一人で何とか英語がんばってこい!

ってことで、、"2D&3D for Teens" という、
12才~16才向けの3ヶ月アートプログラムに、飛び入り参加させてもらって。
これがくうま君にとっての冒険でしたっ。

今回は、どこに面白そうなプログラムがあるのか、なかなか探せなくて、
私の縁ある方々の友人、NYに20年という、アーティストのHiromiさんに、
子供プログラムを探すところから、問い合わせ、
飛び入り参加の手続きを結局全部手伝っていただき叶ったわけだったりします(大感謝)
もーね、日本からネットで手続き・・・すら、手違いで難航。
話の通じてた先生がお休みで、代わりの先生になってたとか、
まったくスムーズじゃない状況で、私らだけだったら諦めてたと思う(汗)
b0083985_1817134.jpg
先生とくうまの引きあわせや、授業に必要なものの確認なども、Hiromiさんがしてくれて。
b0083985_18172061.jpg
ぽつ~ん・・・。

ま、英文しゃべろうとしなくていいから、とりあえず単語で伝えること考えろ。
お腹すいたら上にカフェテリアがあるし。
頑張れよ~!(親は退場)
b0083985_1817160.jpg
ここ、NYでとても有名な美術学校だそうです。
b0083985_18165368.jpg
さーて、3時間の自由時間、どこに行こうっ♪
と言いつつ、くーまが気になって、ガッツリ遊びに行く気にもなれず(ポリポリ)
b0083985_18181463.jpg
セントラルパークでおしゃべりすることに。
「とりあえずセントラルパーク」って存在があるって便利ねっ(笑)
b0083985_18182053.jpg
アメリカって、草野球も迫力なのねえ。
b0083985_18182564.jpg

意見がしっかりあって、一本筋の通った生き方してる方と、おしゃべりするのが楽しい♪
b0083985_1818389.jpg
ひろみさんと別れた後、まだ時間が余っていたので、
セントラルパークを高いところから見下ろせるビルはないかと、パパと探して回りました。
でもフラッと立ち寄れるのは、この高さが限界みたい。
b0083985_18184657.jpg
ぼーっとマンウォッチング。
外が暑くて出たくないというのもある(爆)
くーまがいてもいなくても変わらんようなことで時間使っちゃって、自由時間終了~(苦笑)
どうしてるかな?
b0083985_18185757.jpg
迎えに行っても、黙々とハサミ使っていて、大きなリアクションなし。
どうだったのかしら。
3Dって、前半のスケッチを元に紙で立体を作る授業だったのね。
b0083985_1819666.jpg
椅子に座った黒人女性がモデルだったらしい。
子供クラスなのに、ちゃんとモデルがいるのもすごいし黒人女性ってのが、さすがっ。
くーま君の立体、なかなか捉えてます。椅子も作ってるし(笑)
b0083985_18191359.jpg
まだ黙々と切ってるから、一人だけ終わってないのかと思ったら、
いち早く終わったからロボットも作ったらしい。
ん?なんか余裕だった?
b0083985_18192245.jpg
英語わかった?って聞いたら、

「Open the sketchbook」って言うから、スケッチブック開けたし、
「pencil をどうたらこうたら」ってのはpencilがわかったから、持ってたもので描いた。
立体を作る時、ハサミ持ってないから「I don't have scissors」って言ったら、貸してくれたって。

えー、ちゃんと英文で言ったの?すっごーい(驚)
なんかもう、これだけ聞けたら十分でした(感激)
聞いて、話して、通じる体験、ちゃんとできたんだね(嬉)
英語は、勉強じゃなく、言葉だって実感できたかなあ。
b0083985_18193684.jpg
絵を教えてもらったり、教室に通ったことがないので、デッサンも初めてだったくーま君。
人間を描くのは苦手って言ってたけれど、想像で描くのがうまくできないってことで、
モデルをじっくり見て描くのは、すっごく楽しかったらしい。
b0083985_18194429.jpg
スケッチブックの中でも、だんだん楽しくなってるのが線でわかるよ(嬉)

日本じゃ普通は石膏デッサンからだなあと思う。
でも、やっぱり生身の人間のほうが断然おもしろいわけで。
子供の頃から、モデルを前にデッサンする授業があるなんて、なんと恵まれた環境っ。
NYじゃデッサンクラスが日常的にあって、20ドル前後で誰もが気軽に参加できるらしい。
すごいところだなあ、NY。

そして今回でデッサンが面白くなったくーま君は、
「Kids」じゃなく、「大人向け」クラスにまで参加することにしたわけですが。
それはまぁ衝撃的で、くうまにとって素晴らしい体験となるのです。

その記事は、ワシントンD.C.に行った後のは・な・し♡




[PR]
by tabikuma | 2013-08-29 11:20 | 13年 NY&DCの旅

blog「くーまくーま。」より旅だけをまとめたものです。


by tabikuma