ヒホンへ、go!(3日目)

cudillero(クディジェーロ)で目覚めた朝。
Barに朝ごはんを食べに行くと、テレビで緊迫した空気が流れていました。
そうか!今日って一斉ストの日だった・・・。

「マドリッドの空港はストを回避。飛行機は通常通り運行です。
しかし空港Barは依然として閉まったままです!」

飛行機と同じレベルでBarのストが報じられるのが、さすがスペイン(爆)
ぼーっと見てたんですが、同時にパパと二人で吹き出しちゃった。
旅に出る前日、友人たちに「ストがあるから気をつけてね」と忠告を受けたのを思い出す。
やばいかな、今日ヒホンに行くのって・・・と不安になる私に、
「大丈夫じゃない?ここだってBar開いてるわけだし、まず観光客には関係ないよ」
まったく不安の微塵もないパパに率いられて、本日私たちはヒホンへ向かったのでした。

b0083985_14247.jpg
のどかです~。ストのこと、忘れそう(苦笑)
b0083985_1421399.jpg
相変わらず、緑いっぱいです~(幸)

Gijon(ヒホン)は、アストゥリアス第2の街。
ブラジルのリオ・デ・ジャネイロに匹敵するような、長~いゴージャスな砂浜を持つ、
楽しそ~な街です。
b0083985_144389.jpg
ほら、ねっ?
b0083985_149380.jpg
しかも遠くに見える旧市街が、軽薄な「ビーチ」イメージと一線を画し、
シックで歴史あるヨーロッパ的な風貌まで添えてるっ。
b0083985_1491684.jpg
あら、このお尻は・・・もちろんっ!
b0083985_1492468.jpg
いくつになっても、犬のように砂ホリホリがやめられない人(笑)
b0083985_149362.jpg
2日間の強行ドライブ、車内に軟禁状態だったので、午前中は
「くーまの好きに使ってよし」って言ったら、靴も靴下も放り出して、穴掘りに一目散(爆)
キミ、そんなに粘土や砂遊びが好きなら、陶芸家になれよっ
(って言ったら、パパが「人類の半分は陶芸家にむいてんの。問題は食ってけないの」
だって。そっか 笑)
b0083985_1429264.jpg
ところで、晴れ渡る空に、散歩する人々。
対照的に、このビーチ沿いの道路を挟んで、すごいことになってたんです。
がんがんタイヤ燃やしてデモ行進はじまってたの~(相変わらず過激~ 汗)
レストランもスーパーも一切やってません。警察があちこちに出動してる~。
今通れた道がもう閉鎖されて、長いデモ行進が始まって、どこが通れるかわかんない状態。
うーん、旧市街行きたいんだけどな。

迂回して迂回して・・・なんとか、旧市街に到着ですが、見事にすべてがお休み(残念)
ま、警察が出払ってるから、違法路駐でも罰金取られないのだけが、得したことかな(笑)
b0083985_14382449.jpg
でも、一歩旧市街に入ると、またストを忘れる長閑さ。
おじさん達のお喋りがかわいかったの~(ラブ)
b0083985_14384819.jpg
岬先端は城跡で、今は緑地公園。
目前に広がるは、スペインの北に来ないと見られなかったカンブリア海(じーん)
b0083985_14385525.jpg
今日は「遊びまくりデイ」のくうま君は、あの公園で待ってるって、行っちゃいました。
b0083985_1439388.jpg
迎えに行ったら、鬼ごっこやってた。
人見知り、ほんとにないのがい~わ~(笑)

さーて、お昼ごはんどうしよう・・・って時間になったのに、お店が開いてないし。
失敗したぁ。
せめて、前日に米を買っておけばよかったあ(鮭しかないよ~ 反省)

ヒホン脱出ルートの長蛇の渋滞を待ってたら、偶然にも真横の店のシャッターが上がって。
ミニスーパーだったので、私だけ飛んで買いに行きました(ラッキー)
レジの所で、先客のおばちゃんが「いつまで開いてるの?」って聞いてた。
「文句が来るまではね」って答える仏頂面のねーちゃん。
そっか、抜け駆けで開けたのか(納得)。
こうやってストがなし崩しになるんだろうね、まったく~。
でも、ありがとう、キミのズルのおかげで、私ら食いっぱぐれずに済んだわん(感涙)

b0083985_1439376.jpg
って、ゲットした貴重なオレオを、クリームだけ全部外して重ねて一気に食べる奴。
「食いもんなくなったぁ」って、後で絶対文句言うなよ~!!

b0083985_15233312.jpg
無事、脱出!
b0083985_15235418.jpg
鮭茶漬けじゃない昼メシ食べられるところないかな~って、3時すぎまで粘ってるとこ(グルル)

なんて長い一日なんだろう。つづく・・・。


[PR]
by tabikuma | 2012-07-20 15:26 | 12年 陸路(アストゥリアスへ)

blog「くーまくーま。」より旅だけをまとめたものです。


by tabikuma