イスタンブールの2日間 5  イスタンブールの朝

b0083985_10562495.jpg
朝目が覚めたら、サメが泳いでました(爆)
時差ボケがひどいくうまは朝の4時から眠れなくなって、せっせと作ってたらしい(苦笑)
b0083985_10563949.jpg
平べったい感じといい、目の小ささといい、すっごいリアルでは?(感心)
8割はメカものを作るくうまですが、生き物を作るほうが向いてると思うんだがなあ。
b0083985_105711.jpg
さすがに全員5時には目がぱっちり。もうダメ。お腹が空いて寝てられない(涙)
ホテルの朝食の7時なんて待ってられなくて、早朝に放浪してしまいました(苦笑)
やっぱり朝が遅い国なんだなあ。ほとんど人が歩いてないし。
相変わらずチャイと初日で気に入ったほうれん草やひき肉のビョレッキ(薄い皮で具をくるくる巻いて、それをかたつむり状に巻いたカリッとしたもの。中国の葱餅みたいな感じと言いましょうか)を食べて一息。
b0083985_10571568.jpg
その後1時間ほど歩きまわってお腹をすかせ、二度目の朝食~ですが、なにか?(笑)

ここで、前回記事で気になってた四角いチーズを何種類か食べて満足~。
フェタみたいかと思ったら、噛むとキュッキュって弾力あって、あっさりしたチーズでした。
b0083985_10574757.jpg
くうまが大絶賛した、蜜蝋に入ったハチミツ~。
以前も書きましたが、美味すぎます!
b0083985_10581052.jpg
イヒヒ~、朝から三回目のおかわり(←食べ放題に感動してる人)
b0083985_10583018.jpg
今日が最後の日ですからね(って2日しかいないけど)、気になるもの全部食べる気満々(爆)
〈その一〉がざくろジュースでした。
「トルコと言えばざくろジュース」と聞いて、ずーっと飲んでみたくてね。
日本のざくろと違って、地中海のざくろはすんごく甘くて美味しいのです。
でも、あの小さな実をいちいち食べるのはめんどいし、下手に絞ると渋みは出るし、本場を見てみたかったのですっ。
一杯5TL(250円)。頼むと目の前で切って絞ってくれて(わくわく)
b0083985_10584485.jpg
わっ、あま・・・渋~(爆)

すんごく大雑把にぎゅーぎゅー絞って大丈夫か?と思ったら、渋い渋い(苦笑)
それでもみんな飲んでるってことは、単に慣れ?(笑)
b0083985_10594646.jpg
ここいらで、「イスタンブール写真日記」のakikoさんと待ち合わせ。
娘さんが生まれる前からblogを通してお喋りしていたのですが、Aちゃんがこんなに大きくなっててびっくり。
blogを通して海外で子育てしてる母子に会う事が多いですが、子供達はそれぞれに
日本育ちの子にはない、その国らしいキャラクターをしていて、
それがなによりもその国を知る手がかりになるから、面白いなと思います。
人懐っこいAちゃん、可愛すぎて目尻が下がっちゃう(笑)
b0083985_1105128.jpg
今日はアジアサイドの面白いレストランで食べましょうと、船着場にやってくると、山盛りのムール貝を売ってました。
昨日から気にはなってたのですが、買い食いできるものなのかわからなかった。
「ミディエドルマス」と言う、トルコ人が小腹の空いた時に買い食いするおツマミらしい。
b0083985_1102231.jpg
自分たちで探検するのも楽しいけれど、イスタンブールの街角は謎の食べ物が多いので、教えてもらえると更に楽しいなあっ(喜)
で、昨日から不思議に思った街角の食べ物をいっぱい質問しちゃいました(爆)
細長いひも状をグルグル巻きにして焼いてたんだけど、あれはなに?とか。
答えは「ココレチ」って羊の腸をグルグル巻きつけたモノでした。
見つけた時はすでに満腹状態で、次の機会にと思ってたらその後出会えずだったの〈涙)
b0083985_111588.jpg
さて、「ミディエドルマス」は、ムール貝の中にご飯を詰めて蒸したものでした。
これは日本人は好きでしょ~っ。



by tabikuma | 2012-05-15 11:03 | 12年 istanbul

blog「くーまくーま。」より旅だけをまとめたものです。


by tabikuma