イオニア海との境い目。

Levkas島のマリーナを出ると、しばらく水路を進みます。
b0083985_21494017.jpg



b0083985_21501638.jpg
地図を載せると、わかりやすくなるでしょうか?


b0083985_21504451.jpg
波もない、穏やかな中、暗礁を知らせる浮きを回避しながら進むのはゲーム感覚なので、くうまに舵を委ねてみました(笑)

b0083985_21511639.jpg
失敗すると、Geme over。やり直しが利かないからねと言ったら、むちゃくちゃ必死にがんばってました。
すれ違うヨットが、みんなびっくり(背伸びしながら操船だしね 笑)



b0083985_21514638.jpg
Levkas島の次に一晩明かしたのは、Petalasというポイント。
人けも何も無い荒地に、きれいでもない海、行く所も無く船でじっと強風に耐えるアンカーリングでした。
食料もあまりなくて、缶詰とインスタントのスープをかけるクスクスにしたら、悲しい味で後悔至極(涙)


b0083985_21532558.jpg
さて、翌朝はPetalasを早々に後にして、先を目指しました。
この日とうとう、イオニア海を後にするのです。
ペロポネソス半島と本土の間に入っていくわけですが、地図を載せるとわかりやすいでしょうか?
b0083985_2152386.jpg
写真でみせると、こんなところ。
左の岬を回りこむわけです。
で、海を見てください。
手前の海はさざ波だって色もダーク、岬付近は鏡のようで水色でしょ?
まさしくそこがイオニア海との境い目なんですよ~。
風が変わると、波の大きさや方向も変わるので、こんな風に海の境い目が見えるんです。


この日はとても穏やかな一日。
ヒマヒマだったので、くうまが豆絵本を折り紙で作ってくれました。
b0083985_215484.jpg
「みなみのしまのたいようくん」だって(笑)


b0083985_21552876.jpg
あっちあちとうにたいようくんが、すんでいました。


b0083985_21555815.jpg
さかなをつるのがだいすきでした。


b0083985_21563384.jpg
きょうは、くじらがつれちゃった~~~~~~~。
だって(爆)



そうこうしてるうちに、今夜停泊する、missalongiが見えてきました。
b0083985_21581248.jpg
浅瀬に塩田がいっぱいある村。

b0083985_21572719.jpg
浅瀬2.5マイル約30分入っていくと、missalongi。
奥まった湾までは、桟橋が各家から伸びていて、その光景がなぜかブラジルを旅した時に見た景色とそっくりっ(驚)
なんか南国な感じというか・・・。
こんなギリシャもあるもんだ。


湾に入ってみると、地図とは違って新しいマリーナを建造中でした。
見るからに、まだ安いかタダっぽい雰囲気なので、アンカーリングを変更してここに入れることに。
案の定、水も電気もまだ供給できない状態だからと、タダ。

b0083985_2159073.jpg
今日は村でメシ食って、食料買出しだ~!



[PR]
by tabikuma | 2009-07-19 21:59 | 09年 船旅(最後のクルーズ)

blog「くーまくーま。」より旅だけをまとめたものです。


by tabikuma