いざ、ギリシャへ行かん!

イタリア最後の寄港地は、長靴の土踏まずにある街、クロトーネ。

ここから、長靴のかかとに渡って、デイクルーズでギリシャに行く船。
ここからナイトクルーズでギリシャに渡る船。
と、ギリシャへ渡る船の基地となりつつある港です。

街は華のない廃れた感がありましたが。
港に停泊中のヨッティーとの交流が有り難かったです。

隣に来た船は、イタリア人老夫婦。
全部電動で動く、すごい装備の船。きゃ~、お金持ち~(羨)
ギリシャ航海を終えて、この港で船を揚げて家に戻るところとか。

夏はこれからなのに、もう終わり!?
と、びっくりしましたが、ギリシャを航海するいい時期が終わったからかもしれない。
7月8月はヨットが混みあって大変だそうです(うわ~ 汗)

おじいさんの好みは、とにかく人が少なくて鄙びた街。
地図を片手に、どの島が良かった、これはイマイチと、色々と教えてくれました。
何度も何度も行ってるらしくて、しかも年齢的に長距離は無理なので、ちょびちょびデイクルーズで行くから、全部知ってるらしい(笑)
イタリアから最初に入るギリシャは、普通は大きなコルフ島を目指すのですが、コルフの北海岸はそれほど良くないよと。
手前の小さな島はいいね。
Othoni島より、Ericoussa島が良かったな。
アテネの水路を通ってエーゲ海に抜けるのは、やっぱり楽しいよ。
Missalonghiのアンカーリングはとてもいい。
そして、Galaxidhiの港に船を預けて、車を借りてデルフィまでドライブするのがお勧めだよ。
その後は、強風だけといいルートに吹くから一気に行ける。
エーゲ海は、どこもさ~いこう。
・・・だって。

こういう生きた情報はとってもありがたいっ。


あ~~~~。
わくわく度高まります(うきうき)


b0083985_3245590.jpg
クロトーネで売っていたバター入りのチーズ「Bulatta」。
バターを酸化させないためかな?
味は、バターとチーズそのまんまでしたが、バターがフレッシュで美味しかったです。


b0083985_3253499.jpg
イオニア海域は、雷雲がよく発生するんだとか。
と話している間にも、長靴のかかとの方でもくもくと、原爆雲のように育ってました(汗)
つかまらないで行けるでしょうか(焦)

b0083985_326541.jpg
爆発寸前。
この後、この下は雨が降ってましたが、KUMA号はまんまと捕まりませんでした~(ほっ)



さーて、航海も半ば。
そろそろ、イタリアからギリシャに旗を変える時が来ました!!
b0083985_3264114.jpg
他にポーズはなかったんかいっ(汗)
ギリシャのみなさん、ごめんなさい~(平謝)

b0083985_3273433.jpg
ギリシャ航海が、いい風に恵まれますように。パンパン。


b0083985_328998.jpg
夕食は、クロトーネで買ったお惣菜のタコのマリネと、酢漬けナスのオリーブオイル漬け。
くうまの強い要望で、またも海水ポモドーロ(でも、お茶漬けのように飽きないんですよ~)

b0083985_3284316.jpg
二人前食べる奴です。
「グーッ」だって。ありがとう(笑)



早番はパパ。
遅番は2時から6時まで私の、夜間航海。
b0083985_3292665.jpg
朝日に輝く、最初のギリシャの島が見えてきました~(おお~神が導いてるぞっ 笑)


b0083985_3295619.jpg
ギリシャ到着だーーーー!



[PR]
by tabikuma | 2009-07-08 03:30 | 09年 船旅(最後のクルーズ)

blog「くーまくーま。」より旅だけをまとめたものです。


by tabikuma