人気ブログランキング |

緊急事態発生 2

1時間くらい帰ってこなかったパパが、ようやく戻ってきました。
なんと!メカニックを連れて(驚)


警察では、警官の上司が、「エンジントラブルかあ」と頭を抱えたそうで。
「セラビ セラビ」と言われたから、「セラビ セラビ」ってパパも一緒に頷いてきたとか(苦笑)

・・・セラビってなに?って尋ねたらば。
「え?知らないけど、こんな時に使う言葉じゃない?」って。
パパは、こうやって言葉を覚える特技がある人です。私はつい意味を考えちゃうんだけど。

うーん、なんだろ??フランス語の「とほほ」って意味かな?
スペイン語だとなにかな?ああ、es la vida(エスラビーダ)かも、音が似てるから。
つまり直訳すると、「人生こんなもんさ」ってことですが、やっぱり「とほほ」ですな(苦笑)
って、ま、それは置いといて。

警官に、どうするつもりだって詰め寄られて、明日メカニックに見せるって答えたら。
誰に見せるんだって言う。
一人しか居ないから聞かれるのもおかしいのだけど、「ムハンマド」って言うと。
「あいつはダメだ!あれより優秀なのを紹介してやるから今夜中に直して出て行け!もう出国スタンプ押しちゃったんだから」って(爆)

で。
夜11時も過ぎて嫌がるメカニックに、電話で怒鳴り散らしてる姿が「なに?本官の言う事が聞けんのかっ!」って感じだったらしい。
実際はフランス語でまくしたててたから、まったく理解できないんですが(笑)
渋々来たメカニックとその相棒と、監視の警官と三人で、物々しいエンジン修理がはじまったのは12時近くでありました。
まあ、なんと言いますか。。。
よくわからないけど、この状況って、もしかして運がいいかも?

どうなることやらと見ていると、確かに優秀とわかる手際の良さ。
エンジン音を聞くだけで、「ヤンマーだな?」って当てるし。
その彼曰く、「エンジンの回転数を上げると海水の吸い上げが悪くなるのは、ウォーターポンプを洗浄すれば解決する」だった。
ここらの海水のせいで、案外起こるトラブルなんだそうです(って、汚いってこと??)
でも、洗浄は今すぐできないから明日8時に。
・・・ということは、結局この件は翌日に持ち越し。


翌朝来たのは、1時間遅れの9時で、ウォーターポンプをエンジンから取り出したあと、綺麗にしとくからと去っていきました。
その後待てど暮せど昼を過ぎても現れず・・・。
どこに行けば会えるのかも連絡先も知らないので、来るのをひたすら待つのみの一日。
だんだん、実はウォーターポンプを売り飛ばして、今頃その金でご飯食べてるかも・・・と不安になったり(アフリカなんで)。
開けてみたら、綺麗なんで当てが外れて、どう言い訳しようか考えてるのかと疑いましたが(スペインでよくあるパターン)
夕方5時に無事戻ってきました~(涙)
修理を真面目にしてくれてて。
エンジンの冷却水問題は解決!!しました・・・が、今度は冷却水を入れ替えたら蓋が壊れて水浸し状態になり。
またパーツ探しに消えていき。
戻ってきたのは20時。
そんなこんなで終わったのは夜の21時。

そう。
修理が終わったのです。
つまり、結局一日でエンジンが直っちゃったのです~っ(感涙)



出国を言いに警察に行くと、またも1時間ぐちゃぐちゃ手続きをさせられ。
最後の最後に、「ほんとに今夜出航なんだな!もう戻ってこないな!もうエンジントラブルはないんだな!?」と念を押されたらしい。
んなこと、わかんねってば!俺のせいでもないし、あんたのせいでもなく、エンジン次第なのっと心では思いつつ、気前よく返事してたら。
「お前は、YES!YES!All right!って気安すぎるが、本当だろうな?!」って凄まれて。
「もう出国スタンプ押しちゃてるんだから、もう戻るな!(英語で)」と言われたらしい(爆)
アッラー・アクバル!(アラーの御心のままに)ってジョーク、言ったらよけい怒られるかな?(爆 爆)


そして、一日遅れの6月18日、夜10時に、マルタ島へ出航したのでした。
エンジン快調。
なんにしろ、予期せぬ展開で、結局ラッキーだったのかな?(笑)

b0083985_2317991.jpg
問題のエンジンです~。

b0083985_23175184.jpg
子供達が銀のお盆に山積みにして、売り歩いてたジャスミンの花束。
夜になると特に強く香りを漂わせる、モナスティールで思い浮かべる景色の一つ。

b0083985_23182588.jpg
きっともう来ることがない、モナスティールの港。
アディオス!



by tabikuma | 2009-06-23 23:13 | 09年 船旅(最後のクルーズ)

blog「くーまくーま。」より旅だけをまとめたものです。


by tabikuma