トラーパニの美味しいもの。

トラーパニに到着していきなり、くうまの怪我で救急病院だったし。
b0083985_23193618.jpg
翌日はこんな感じでしたが、かなり痛みはひいたようです。
相変わらず、シロッコが吹き荒れていて、街中40度を超える暑さもあって。
トラーパニで、料理教室のコーディネートをし、自らも料理を教えている「シチリア時間ブログ」のReiちゃんに連絡するのが遅れていた。

トラーパニの港が安くてゆっくりできそうだったので、Reiちゃんにコーディネートを頼もうかと思っていたのです。
が、実際は、トラーパニの港は一泊65ユーロだったし、くうまがこんな手では、一緒にお料理習えないし(パスタ作りは、くうまが喜ぶと思ったのにな)
昨日の今日で疲れたし。
そんな事を考えつつ、暑くて船にいられないので、街中のクーラーの効いた所を三人で渡り歩いていたら。
進行方向から、自転車で元気に走ってくる東洋人の女性が一人。
「あらっ?あらら?もしかして」
とキーッと自転車を止めて声かけてくれた。

あまりにも偶然に、街中でReiちゃんとばったり会ったわけでした。
すごい(笑)

その場は、Reiちゃんも用事があったから、夕食を一緒に食べようという約束をして、別れたのでした。
b0083985_2394817.jpg
トラーパニの街は、スペインのグラナダの街に似ていました。
b0083985_23112934.jpg
街中で見つけた、死んでる小さなサソリ。ここにはいるのかぁ(汗)

お昼は、街で見つけたトラットリアにて。
b0083985_2391042.jpg

b0083985_23123362.jpg
ずっしりとした、卵色のうす甘い、独特のパン。
b0083985_23135664.jpg

くうまは、鳥肉が大好きなので、これ。
鳥のオレンジソース。
我が家の定番「鴨のオレンジソースが食べたーい!」と、船旅の間中言っていたので、「鴨じゃなくても鳥でも美味しい」と満足しておりました。
b0083985_23144756.jpg
私が頼んだのは、トラーパニで作られるパスタ「ブシアテ」を使ったもの。
普通、パスタはセモリナ粉100%では作らないのですが、これは全セモリナ粉で作るのだとか。
なので、ものすごくもちもちしてて、その違いが食べた瞬間にわかるほど。
私は、手打ちパスタなら、これが一番好きかも!!(喜)
絡めてあるのは「ゴルゴンツォーラと海老とルッコラ」。
ゴルゴンツォーラと海老ダシがこんなに合うとは想像したことがなかったので、感激しまくりました(涙)
b0083985_23152296.jpg

b0083985_23155222.jpg
そして、トラーパニの名物「クスクス」はパパが。
トラーパニは、アラブ色の強い街なので、食もアラブのものが入り込んでいるのだそうです。
本場のクスクスよりイタリア風味なのが面白い。
しかも、クスクスもトラーパニで作られるので、日本で売ってるような日向臭さもなくて。
魚介のスープをたっぷりかけて食べます。
実は、シチリアに着いてから、至る所でクスクスをみかけ、カステッラマーレでも食べてみました。
シチリア内でも、イタリア色の強いクスクス、アラブ色の強いクスクスと色々あって、とても面白く。
そして、もちろん、美味しいっ。
b0083985_23164486.jpg

b0083985_23171194.jpg
大満足~(笑)

夜は、Reiちゃんとカルロスカップルと共に、お勧めのレストランに。
b0083985_2318841.jpg
こんな風に確実に美味しいレストランに行けるなんて、幸せですっ。
Reiちゃん、ありがとう。
事前にコメントで、ここの詳細を書いてくださったnonnakaoriさんも、ありがとうございました(ぺこり)

夜なので、お料理の写真はなしですが。
トラーパニに来て一番感動したのは、このレストランで食べた、パスタでした。
「ブシアテのペスト・トラパネーゼ」
ペスト・トラパネーゼは、一般的なフレッシュバジルのペストまったく違い、スペインのサルモネホにバジルを加えたようなソース。
生トマト、ニンニク、アーモンド、オリーブオイル、フレッシュバジルの潰し入った塩味のソース。
爽やかで夏に毎日でも食べたくなるような、感動的な味でした(じーん)

くうまの頼んだ、パスタの割りいれた魚介(特に海老味の利いた)スープも、美味しかった。
イタリアは海老味のものが多いし、とても美味しいなぁとこの旅で実感しました。

カルロスはイタリア語、私達はスペイン語と日本語、Reiちゃんはイタリア語と日本語。
シチリア弁のイタリア語が、スペインのアンダルシア弁ととても近い所にあるらしくて、苦もなく会話が弾むのが面白かったです。
何はなしたんだか覚えてないんですが(苦笑)
なんだかゲラゲラと笑い続けた楽しい夕食会となりました。
今回、連絡先を教えてくださったのに、そこに行けなくてお会いできなかった方もいます。ごめんなさい。
船旅は予定が定まらないので、なかなか難しいものがあるのですが。
こんな風にお会いできると、とても嬉しくなりますね。

そして。
いやぁぁぁ、ペスト・トラパネーゼ、あの味が忘れられない(恋)
トラーパニでは美味しいものを一杯食べました~。



[PR]
by tabikuma | 2007-08-28 23:20 | 07年 船旅(Italia,Tunes)

blog「くーまくーま。」より旅だけをまとめたものです。


by tabikuma