Zaachila(サーチラ)の露天市。

b0083985_825845.jpg
さて、D.F.をあとにして最初にむかったのはOaxaca(オアハカ)。
ご飯が旨いといったら、オアハカと言われているので、やっぱり絶対外せないでしょう(笑)
ここはさらに、先住民も多く住んでいるので、近郊の村への遠足も楽しいらしい。

ってことで、オアハカ紹介の前に、早々にサーチラ村の露天市の記事をば。
b0083985_8261636.jpg







b0083985_828177.jpg
イタリア料理の伝統を変えたトマトは、新大陸発見以後ヨーロッパに伝わったもの。
b0083985_83076.jpg
御本家では、赤いの青いの皮付きなの、ものすごい種類のトマト達で溢れていました。
b0083985_8323798.jpg
capal(カパル)という炭に入れるお香。石に見えるけど植物性だそうな。
b0083985_8333679.jpg

b0083985_8373992.jpg
縮尺間違えてるみたいよね?(笑)
b0083985_8394045.jpg
メヒコのおばちゃんエプロン。みんな小さくてころころで、エプロンがよく似合うの。
売り子のおばちゃんに「このエプロン、あんたのお母さんにどうよ。太ってんでしょ?どこに住んでるの?」って聞かれた。「すごく遠いところ。一緒に住んでないの」って言ったら、
いきなり同情されてしまった。「だからあんた、こんなに痩せてるのね・・・」だって(爆)
こっちの人は大家族だもんね。
しかし、子育ては辛いもんだと思われてるのかなぁ?(笑)
b0083985_8455420.jpg


b0083985_8403730.jpg
これ、飲み物作ってるんだって。すっごく味見したかったんだけど、恐くて結局飲めなかった。
b0083985_8405951.jpg

b0083985_8421824.jpg
もちろん生きてます。鶏絞めるところから料理が始まるなんてね・・・。
b0083985_8432864.jpg
うちわサボテンは、サラダとして生で食べるとめかぶみたいな味だった。スープも美味い。
b0083985_8453583.jpg

b0083985_84825100.jpg
これ、ハイビスカスの花です。
水から煮出して砂糖で甘みを付けて、冷やして飲みます。メヒコでは「ハマイカ」と言われる一般的な飲み物。お花をそのまま食べると、梅干し漬けた後の赤紫蘇みたいな味。
刻んで塩と混ぜたら「ゆかり」になるんじゃないかなぁ。
「身体にいいの?」って効いたら、売り子のおばちゃん「もちろんっ!」と太鼓判。
効能を聞いたら、客の太ったおばあちゃんが「太らないのよ」と教えてくれた。
すかさずパパが「じゃ、あなたはあまり飲まなかったんだね?」なんて、
むっちゃ失礼な突っ込み。場内大爆笑だったけど(笑)
b0083985_8501843.jpg
これ、漉し餡に見えるよねぇ(笑)
b0083985_8504446.jpg

b0083985_851392.jpg

b0083985_8512519.jpg
入り口でカボチャの花のケサディージャ(チーズをトルティージャで挟み揚げ)が売ってた。
カボチャの花だけ食べさせてもらったら、味はなにもしないのだけど。
b0083985_8514434.jpg
それが、チーズと一緒に食べると、トルティージャのカリカリ(揚げワンタン感覚)、
チーズのトロリに、お花特有の歯ごたえ(菊の花とかの)とで、さっぱりうま~っ!!
これで60円くらい。うーん、これは感動。いいぞオアハカ!


[PR]
by tabikuma | 2006-04-27 09:48 | メキシコの旅(D.F.→Yucatan)

blog「くーまくーま。」より旅だけをまとめたものです。


by tabikuma