長旅の準備・赤ちゃんと旅するタイ2001年 

スペイン・グラナダで生まれた息子くーま。
彼を、日本にいるじいじとばあばに初めて見せるというミッションに
重い腰を上げたのが、この旅の始まりでした。

今はすっかり他の国と変わらなくなってしまったスペインだけど、
まだペセタがユーロ通貨になる前は
収入が少なくて現ナマは持ってないって人ばかりのわりに、案外暮らすには
ラクな所で、ビール一杯100円に無料で一皿山盛りのタパスが付いてきて、
夕食に200円もあればお腹いっぱいになれた国。

もちろん私達も時間はあり余るほどだったけど、お金はキチキチの暮らしで、
食費が安いので暮らしは優雅だけれど、お金に余裕はないので気軽には買えないって
スペイン人と同じw
車にクーラーが付いてるなんて、自慢になったもんで、
我が家も中古のルノー・カングーに、お出かけの時は霧吹きを必ず携帯して、
暑くなるとパパと霧吹きかけあって気化熱で涼しくなってたというw
道路にはあちこちでエンジンが壊れて修理してる人がいるのが普通だったし。
友人は、映画館のポップコーンが高いから、子供を連れて行く時は家で作ってった。

くーまが生まれた時、新しいデジカメを迷ったけれど、我慢がまん。
今思うと、これは他を切り詰めても買えばよかったなって思います。
写真を今見かえすと画質が悪くて残念ですもんね。
でも、日本だと一万円ってあっという間に消えちゃうけど、
スペインでは長いこと暮らせたのですよね。
3、4万円のカメラが一ヶ月の生活費と同じと思うと、贅沢な買い物に思えてねえ。
ってことで、日々を問題なく飲んで食べておしゃべりして暮らせたわけです。
2001年、たった15年前のペセタ時代のスペイン。
日本と3、40年遅れてるって言われてました。

当時、スペインペセタはめっちゃ弱かったので、海外旅行に行くと
どの国も怖いほど値段が高くて、ホテル代も払えそうなところがなく、
遊ぶこともできずに泣き帰ると言われてた中、
スペイン人が唯一、楽しく旅ができると有名だったのが「タイ」でしたw

私達も、イタリアに遊びに行って、スペインじゃ100円で飲んでたビールが
1000円取られたのにびびって、泣き帰ったものだったので、
もうタイしかない!というわけで。
日本までの交通費が高いんだから、タイ航空でストップオーバーして一石二鳥にしちゃえ!ってw
物価が高くて怖い日本は、じいじとばあばと10日ほど時間を取ったら退散して、
エアチケット期限いっぱいいっぱいまで、
タイで子育ての骨休み会をしようってことに♪


くーまは、夜泣きをしない子で、
夜10時にコテンと寝て、朝6時に機嫌よく目を覚ますので、
飛行機に子連れて乗る大変さをあまり考えてませんでした。
が、
赤ちゃんが泣きやまないで針のむしろになる色んな話を聞いたら怖くなって、
かかりつけの小児科医へ相談に。
「飛行機に乗る前にこれ飲ませればいいのよ」って睡眠薬をハイッて処方されて(汗)
ええ!?って驚いたら、「普通こうするのよ」ですって。

生まれて10ヶ月くらいの子に病気でもないのに薬飲ませるのって、
私的にはかなり衝撃的な対処法だったな。
でも、どうしようもなく泣いちゃった時すがるかもってポケットに忍ばせました。

これに関しては、結局ほとんど問題なかったのでした。
b0083985_23510458.jpg
飛行機の床をハーネス付けてハイハイでお散歩させてあげてると、誰かが抱っこ始めて、
あちこちで抱っこしてもらって遊ばせてもらって、疲れて寝て・・・
みんな実は赤ちゃんを抱っこしたいんだなーって、当時そう感じたくらい。

でも、帰国便で一度ぐずり出した時、ドキドキしながらミルクに混ぜて
最低量で飲ましたのです。
もうね、効果は30分くらいかなって時計とにらめっこのその瞬間の
悪いことしてる気分たるや(苦笑)なのに結局まったく効かないでやんのw
こっちも、ホッとして。
グズったら後ろのトイレのある少し広いスペースで遊んであげりゃいいんだって一件落着。

おむつと粉ミルクはきっとどんな所でも売ってるはずなので、現地調達。
赤ちゃんのご飯だけは、困らないようにドライ離乳食を日本から持っていって。
くーま用の薬も一応。
ミルクも離乳食もすぐ作れる用に、お湯が沸かせる携帯軽量コッヘルとバーナー持って。
ガスボンベは飛行機に持ち込めないので、唯一売っていそうなバンコクで探す。
b0083985_23420642.jpg





 友人からもらった超軽量折りたたみ
 ベビーカー&ベビーカー雨合羽。












b0083985_23423838.jpg



 普通の移動は日除け付きの背負子。










b0083985_23432458.jpg



 
 リード付きハーネス必須。








あとは、訪れた国でも子育てはしてるので、足りなかったら現地調達と決めて。
服も買えるから最低限しか持っていかない。
子供が一番重いので、荷物は最低限で最軽量化で旅することにしました。

そんなことで、
b0083985_23530253.jpg
バンコクに到着したのは2001年11月のことでした♪



[PR]
by tabikuma | 2017-03-11 00:03 | 01年 Thailand

blog「くーまくーま。」より旅だけをまとめたものです。


by tabikuma