妻籠宿・長野へ(2016年の夏休み)1  sanpo

2016年夏。
くーまは15才も残すところあと3ヶ月。

15年間ずーっと一緒だった家族3人の旅行が、
直前に「オレ、家にいていい?」なんて言われて衝撃を受けちゃったの。
子どもが成長するってこんなことなんだーっ(涙)
青天の霹靂だったのでグレたら、パパが、
「宿とる前に来るか来ないか聞いたよね?来るって言ったから宿も三人で予約したし、
キャンセルして取り直すのも大変だし、こんな風にafricaも悲しむから、
気まぐれだけの理由なら今回は来て、次からは、
来ないなら最初から言っとけばいいでしょ」ってまとめてくれて、なんとか3人の旅が存続したのです。

こんな風に来るんですね、親離れ(凹)

なんでなんで?親がいるとうざい?って聞いたら、
「うざいとかじゃなくて、家で親がいないで、たった1人で毎日を過ごしてみたかったんだよ。
旅は1人になれるけど、家で1人になってみたかったから」って。
なるほどねー(その気持はわかるっ)。
じゃあ今度からどんどんパパと2人で旅するよー。
だって私達にも一石二鳥。にゃんこを委ねて旅ができるもん。

10日ほど海外とか、行きやすくて助かるっ♪
って言ったら、
「それは俺も行きたい」って。
都合いい親離れだなーーーーー(プンプン)


無事3人で、朝の5時に出発できました。
目指すは長野。

まだまだ終の棲家を探す旅は続いてるんです。
「オレ、子供の頃よく行ってた長野がいいんじゃないかとずっと思ってて」ってパパが言うので、ここに住んだらどんな気持かを感じるために長野へ。

b0083985_15174780.jpg

関ヶ原を通過して~中山道に入ったら、
木曽路をひた走る。
「木曽路」って名前のレストランもあるしよく聞くけど、
ここなのね!!

♪きぃそーのーなぁあなかのりさん、きその御嶽山はナンジャラホイっ♪
当然唄うよねっ(笑)
なんでか唄えるから有名なんだね、ここら辺っ。
わーい、初めて来た!(嬉)

京都三条大橋からお江戸日本橋まで続く中山道六十九次・・・だから69個宿場があったそうで。
午前中に「妻籠宿(つまごじゅく)」を散策しました。

b0083985_15205464.jpg

お盆直前、稲も高温障害が出るほど日本中真っ赤っ赤な週なのに、
ここって日差しは強いけど、なんか涼しい。
夏サイコー♪

b0083985_15210760.jpg
東海道より長くて険しいとのこと。
車で来れてありがとう♡この時代(感謝)
b0083985_15195420.jpg

通りに一歩踏み込むと・・・
ひと目見るなり、心わしづかみされたんですよーーーっ(狂喜乱舞)

b0083985_15252604.jpg

なんかタイムスリップです♪

b0083985_15245437.jpg

懐かしいような、でも昭和の記憶よりもっと古い。

b0083985_15215518.jpg

でも、蔦が絡まるモダーンな風景も素敵っ♪

b0083985_15241699.jpg

こんなとこで遊べるって実は幸せもんだよー、君たちっ!
普通にある時は気がつかないよね。

b0083985_15242702.jpg
アヒルもなんだか懐かしーっ(笑)
日本もまだまだ素敵な場所がいっぱい残ってるもんだと胸踊りますよー♡

b0083985_15243898.jpg
打ち水せっせとしたくなる玄関。
日本の夏って昔はこんな感じに風は涼しくて、のれんがゆらゆら。

b0083985_15250674.jpg
陶器をわらで編んでお花を飾る。
なんてなんて可愛いのだろう(見惚れ)

b0083985_15213192.jpg
時代劇にこのまま使えるほど残ってる。
でもちゃんと人が暮らしてるの。

そうか、いつも買う「中津川の栗きんとん」って、ここら辺なんですね。
秋まで冷凍の栗で、ここらへんだけは夏でも買えるそうです。
久しぶりの栗きんとん、美味しかったあ♡

b0083985_15221289.jpg
水草浮かべるのいいな。
お家の一角、こんな風にしたら素敵かな。
至る所に植物があしらわれている道。
りんどうの青紫が一段と目に涼し。

b0083985_15254011.jpg
b0083985_15280215.jpg
これだけ長い空間で「懐かしい空気」が残ってるのに感動です。
幸せな気持ちになってしまいました。
ああ・・・江戸時代に行ってみたいよ~(憧)



[PR]
by tabikuma | 2016-08-20 16:41 | 東日本の旅

blog「くーまくーま。」より旅だけをまとめたものです。


by tabikuma