伊勢参りと鳥羽で一泊

2014年の夏は、父の入院の知らせから、穏やかな生活が一変。

救急で運び込まれた父は一旦帰宅させられたことで、
半身不随になり結果的に病院から離れられなくなった。
けれど救急病院は3ヶ月で出て行かないといけない決まりだそうで。
2ヶ月過ぎると居座られるのを警戒してか、顕著に居心地を悪くする。
患者にとっては、自分の転院先が決まらないことでナーバスになる。
そんな体験をしました。

この救急病院の体験から、転院先は絶対に居心地良い
気持ちいい場所を見つけるんだ!って、
夏じゅう病院に電話をかけまくり、対応の横柄な所を弾きながら、
家から病院までの交通機関の乗り継ぎを含めて実際にどれだけの病院見学に回ったでしょう。
年老いた母がお見舞いに行ける範囲か、
もしくはウイークリーマンションを病院そばに借りる可能性まで広げて、
何件も予約取っては見ての繰り返し。

私が実家に張り付いていて、パパとくーま2人で頑張る夏。
くっそ暑い中働いて、帰宅してからご飯なんて作りたくないって、
お休みで作る時間ある時以外はマック、スシロー、ラーメン屋のエンドレスローテーション(苦笑)
洗濯はなんとか週1でやってたみたいだけど、
しなくても困らない掃除は、皆無。絵に描いたような男所帯で(汗)
私は一旦家に帰るとまず掃除しまくるって日々。


2014年の夏はそんな風でしたが、
2日だけ自分たちの為に時間を確保しようって、一泊旅行に行きました。
とは言え、父や看病してる家族を思うと敬虔な時間でありたくって、
行き先は伊勢神宮でした。


いっぱいいっぱいお願いごと聞いてもらいたかった思いからか、
その場所に踏み入ると、神々しく清涼に感じて、
天竺に着いた三蔵法師一行の気持ちになりました~(笑)
b0083985_09223.jpg
この橋の先は風を司る神様がおわします。
私達ずっと風と関わってる家族だから、特にこの神様に頭を下げたいの。
b0083985_093863.jpg
境内を流れる川は水が澄んでいて清涼。
すべてを洗い流して正常に戻していってくれそう。
b0083985_094672.jpg
真夏の暑さの中、水が冷たくて気持ちいいです。
b0083985_010429.jpg
風の神様にしっかりお願いしました。
b0083985_0101926.jpg
神宮の屋根の曲線が美しくて、みとれてしまう。
b0083985_0102918.jpg
一番奥におられるのが太陽の神様「アマテラス」さま。
神社でこの白布が風にふわりと揺れるのが、いつも「神様のお出まし」に感じる。
自分の気持ちがふわっと膨らむので。
この日も白布がふわりとしてくれて、日々に疲れてた気持ちがふわっと緩みました。
これだけで、来た甲斐があったというものです。
b0083985_011216.jpg
くーまがこの夏、10cmは伸びました。
私が抜かれるのも秒読み~(驚)
いつもクラスで一番ちっさい子だったのが、初めてクラスで中っくらいだとか。
それでも中くらい・・・中2って大きい子はもうすっごく大きいもんね。
b0083985_0123361.jpg
境内には神様の宿ってそうな大木が何本かあって、
抱きついてしばらく耳を澄ましました。
昔、ブナ林で幹に耳をつけると木の中の音が聞こえたので。
でも、杉は聞こえにくいのかな。
もたれ掛かってると木は大きくて優しい。
こうして1200年の命に触れると、小さな命はほっとなるのかな。
b0083985_0114078.jpg
伊勢内宮には、「おかげ横丁」って楽しいところがくっついてます。
名前が良いですね(笑)
「お伊勢さんのおかげさん」♪縁起いいね。
b0083985_012548.jpg
ファミマがかっこいい!(喜)
b0083985_0121497.jpg
もちろん、向かうのは「赤福」さんっ♡
b0083985_0122296.jpg
みんなこれしか食べてないってほど季節限定、ここでしかない「赤福氷」。
せっかく来たからには食べましょ♪
赤福が入ったかき氷。抹茶みつ。

商店街には、作りたて焼きたてみたらし団子とかも売ってて、
買い食いぼーずが一名。
横取り母、みたらし団子すっごく美味しかった♪
b0083985_0123042.jpg
おかげ横丁も含め、
懐かしい昭和で時間が止まってるようなところ。
きっと川が結界作ってて、ここだけ守られてる空間じゃないだろうか。
お伊勢さんの周りの空気、好きだな~。
b0083985_0123848.jpg
美味しいコーヒー。
綺麗な景色見ながらくつろげる素敵なカフェ。

お宿は場所を変えて鳥羽に。
急遽とったわりに眺めの良いお宿でした。
b0083985_01259100.jpg
海鮮盛り合わせ。もりもりで、すごっ。
しかし美味しかったのは・・・
b0083985_013981.jpg
鯛の塩焼き、これ2番めに美味しかったっ!
b0083985_0132142.jpg
1番は貝の酒蒸し!この味に感謝。
b0083985_0134761.jpg
ため息が出る朝焼け。
早起きしてずーっとずーっと見てました。
夕焼けより朝焼けが好き。
神さまありがとう。まだもっと頑張れます。
b0083985_0142627.jpg
お伊勢さんの周りは、格好いい佇まいのお店が多くて、楽しいなあ。
b0083985_0143279.jpg
そして翌日の目玉は、噂の「伊勢うどん」。
特徴がそれぞれあって、迷って選んだのが「起矢食堂」のおうどん。
b0083985_0144942.jpg
ふわっふわやわらか太いおうどん。
お出汁は濃い色だけどそんなに味は濃くない。
しっかり混ぜ混ぜして食べる。
・・・うどんの概念をぶち破るんだけど、こういう旨さもありですね。
けっして「縁起物だから」ではなく、今後もお伊勢さんに来たら絶対食べたいです。

お伊勢さんって、日本の天竺ですね。
ぎゅーっと苦しい日々を、2日だけほわっとさせてくれました。
こんなところが日本にあって良かった。
有難いことですね。
[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by tabikuma | 2014-08-24 00:17 | 西日本の旅 | Comments(0)

blog「くーまくーま。」より旅だけをまとめたものです。


by tabikuma