2回目のメトロポリタン・くーま、NYを行く。11日目 

デッサン教室が終わる頃、摩天楼の空模様は最悪。
土砂降りの雨。
デリでご飯を済ませたら、急遽メトロポリタン美術館に避難することにしました。
どうしても見たかった、中近東東南アジア美術を今日はじっくり回ってみることにっ。

b0083985_1125475.jpg
1階には、中世の甲冑コレクションがあって、騎士同様に武士ものもなかなかの充実っぷり。
ってか、日本なら「国宝」扱いだろう、古墳時代の刀まで展示されてて、
これはあかんやろ!ってものまで持ちだされてて、驚いたりも・・・。

この兜のファッショナブルさ、すごくないですか?。
黒とえんじの組み合わせ、家紋の渋さ、偶然ながらのハート、松ぼっくり、表面のイガイガ、
頭頂部のデザイン、すべてに見惚れてしまいましたっ。
b0083985_113097.jpg
兎と波のモチーフって・・・因幡の白兎??
これを真面目にかぶってたんだなあと想像すると、微笑ましくすらある武士の世界っ。
b0083985_1151777.jpg
これは・・・少年ジャンプの強そうな奴がかぶってそう。本当にこんな世界だったのねー。
b0083985_114129.jpg
鎌倉幕府の時代の刀だそうで。
刀もですが、装飾士にスポットが当たっておりました。
日本の美術館とは違う目で、日本の宝を評価してる感じが面白いなと思います。
そして、細工物の細かさや優美さは、世界でも群を抜いてるのが誇らしく思えますねっ。
b0083985_1141877.jpg
世界の刀が展示されてましたが、これだけ「キレそう」な空気を醸し出してるものはなく。
他の国の剣は、ほとんどが、叩きつけてダメージを与える系なんですねえ。
b0083985_1164596.jpg
日本の展示に飾ってあった、美しい仏像は、多くの人を魅了してました。
b0083985_117361.jpg
美しいお顔ですよねー。
b0083985_1172317.jpg
縄文土器も展示されてましたっ。
中部の縄文土器地帯へ見に行く前に、NYで見ることが出来て、不思議な気持ちですが、うれしいっ。
こうして日本の宝が海外のコレクターに流出してて、驚くばかりでしたが、
新潟中越地震で貴重な縄文土器がかなり割れてしまったとのことだし、
国外の美術館に保存されるのも悪いことじゃないのかもしれないなあなどと、ここに来て思ったり。
b0083985_1174358.jpg
12000年前の縄文人がこんな壺を作っていたのだから、すごいですよねっ。
気象変化で食べるものに困って農耕を始める前は、
日本全土が沖縄くらいの暖かさで、森で採集し、魚や動物をたまに捕ってたわけですが、
気持ちに余裕ある暮らしだったの、わかります。フリーダムな感じでてるものっ(笑)
これが、弥生時代でいきなり装飾がなくなって実用性追求型になってたのが悲しい・・・。

b0083985_1142540.jpg
東南アジア&インドの美術です。
阿修羅像のもとなんだろうなー。美しい・・・。
b0083985_1143125.jpg
こちらも。
b0083985_1143799.jpg
METで世界の美術をざっと見て回ると、東南アジア&インドあたりが一番女性のスタイルに厳しい気がしてくる(苦笑)
b0083985_114439.jpg
ね?
b0083985_1144880.jpg
数多くある美しい女性像の中で、一番私が気に入ったもの。
腰が細くて折れそう。
b0083985_115873.jpg
ちなみに、西洋の女性のスタイルがこれ。
b0083985_1145512.jpg
犬がナニをしてる彫像とはすごい!と前に回ったら・・・
b0083985_115219.jpg
単なる狛犬だったらしい・・・(爆)

b0083985_1110485.jpg
楔形文字のレシーフ。
中近東はやっぱり、エジプトと同じ横向き直立系なんだなー。
b0083985_11101388.jpg
現シリアからパレスチナにかけて栄えたフェニキア・・・のお皿。
フェニキア文字、かわいいなー♡
b0083985_11102154.jpg
チュニジアのカルタゴ遺跡に行った時に、このフェニキア文字を見ました。
ヘタウマな絵がたまらんっ(笑)


って、いっぱい美術品をみたんですが、
くーま君の心を捉えたのはやっぱり「日本の美」だったらしい。
b0083985_11104056.jpg
シブいの好きねー(笑)



[PR]
Commented by erikaboy1425 at 2013-10-15 20:25
たくさん見せてもらったのに、最後のくーま画伯の絵で一番ズキュンと来ちゃいました(笑)
兜、すごいですね!
愛、と言う文字をそのまま頭に付けた武将もいましたものね!
直江兼続でしたっけ?
昔は相当兜に凝って、その芸術性も武将の価値を高めるものだったのでしょうね。どれもそうですが、良いものは大切にされて、こうして何千年数百年たっても眺めることが出来て嬉しいですね。
本当にお宝がたくさん楽しめる美術館ですね。
Commented by 麗子 at 2013-10-16 16:16 x
あたしゃ、インドネシア(?)の女体のクビレに目が釘付け。。
無いモノねだりか。。。(笑うなっ!)
Commented by tabikuma at 2013-10-17 16:53
erikaさん、あはは、くーまの絵に優しい言葉をありがとうです!
兜、すごいですよね。こんなに芸術性が高いなんて。
そうそう、直江兼続のあの兜、あれを真面目にかぶってたんだからすごいかも・・・ですよね。お侍さんが。
メトロポリタン恐るべしです。大英博物館は時代的に持ち出せたと思うのですが、後発の美術館がよくぞここまで集められたものだと感心しきり。でも、きちんと保存できずに戦争やテロで壊されるより、こうして保存されているのも悪いことじゃないですよね。
Commented by tabikuma at 2013-10-17 16:57
麗子さん、そうでしょそうでしょ?すごくない?このスタイル。
でも、インドネシアとかインドもだけど、本当にスタイル良いというか、筋肉つけずくびれでっぱり完璧な人、いるものねえ。そこいくと西洋はくびれがないというか、健康美だわ(笑)
あはは、若き頃はビキニだったってうかがったもんね。その頃はきっとくびれがあったと思っときます(爆)
Commented by 麗子 at 2013-10-18 14:14 x
失敬な!今だって、・・・一応あるよっ。。。!(小声。。)
Commented by tabikuma at 2013-10-22 19:25
麗子さん、え!!今なんか言った?(爆)
Commented by 麗子 at 2013-10-22 23:56 x
言ったっ!!!(爆)
Commented by tabikuma at 2013-10-26 23:37
わーったわーった(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by tabikuma | 2013-10-15 12:28 | 13年 NY&DCの旅 | Comments(8)

blog「くーまくーま。」より旅だけをまとめたものです。


by tabikuma