スミソニアン自然史博物館・くーま、DCを行く9日目 

b0083985_13555583.jpg
本日は、「自然史博物館」にやってきたのです~♪
b0083985_13561072.jpg
やっぱりまずは、これ。
アメリカはゴロゴロ出てきてるだけあって、いい骨いっぱい(笑)
b0083985_13562418.jpg
T-Rexっ。
b0083985_13563674.jpg
こんなの、気持ち悪くてイヤー!!って顔を表現してみた(爆)
b0083985_1356435.jpg
ここで一番感動したのは、動物たちの毛並みっ!
日本の博物館に展示された動物たちって、毛並みがゴワゴワしてる印象があったのに、
ここのはふっさふさで、今にも動き出しそうなポーズや表情がすごいっ。
b0083985_1357383.jpg
b0083985_1357937.jpg
舌ぺろりっ。
b0083985_1357172.jpg
b0083985_13572866.jpg
ちゃんとお母さんらしい表情してるし。
b0083985_13573524.jpg
アライグマ、生きてるみたい~。
b0083985_13574229.jpg

b0083985_13574876.jpg
b0083985_13575310.jpg
寒そうで眠そう~。
b0083985_13575898.jpg
だらーっとしてるくうま君が抱きついてるのは・・・
b0083985_1358585.jpg
おいおいっ(汗)そこ、掴むとこちゃうで。
b0083985_13581489.jpg
違和感ないのが、怖いわ(苦笑)
b0083985_13582381.jpg
ここでも、大きく注目される近代の調査システムとして唯一紹介されてた、日本の技術。
GPSを使って海上で船の位置をピタリと固定することができる技術により、
深い部分の海底調査がより可能になったと。
よほどでないと、わざわざスペースを割いて紹介されないと思うと、それは
画期的なのだなと思う。
外から日本が褒められてるのを見つけて、またまたうれしいっ。
恐竜の化石が見つかるとか、新たなる種や太古の手がかりになる何かが見つかる確率は、
大きな土地を持つ国には敵わないわけですが、日本人の頭脳の無限の可能性が、
ちょっと誇らしく思えました(笑)
あー、くうま、理系に進んでほしいな~。
b0083985_13583078.jpg
くるくるストローの紹介。
b0083985_1358393.jpg
さて、何を撮ったでしょう?
b0083985_13584687.jpg
楽しそうな、自分の遺伝子を探るワークショップ。
すごく参加したかったけど、遺伝子レベルの単語、わかんなくて諦めたよーん(しくしく)


最後は、鉱物から宝石の展示へ。
一番有名なのが、呪いのダイアと呼ばれる44.5カラットの「ホープダイア」。
黒山の人だかりをかき分けてやっと見た割りに
案外ちっさくて、え、これが?って思っちゃった、ふとどき者です(写真もなし 苦笑)

b0083985_13585417.jpg
個人的には、このネックレスが展示の中で一番キレイって思いました。
b0083985_1359171.jpg
世界で2番めに大きなサファイア、423カラット。
宝石にあまり興味ない私も、これはキレイ~って思いました♪


さあ、あとDCで気がかりなのは、映画によく出てくるリンカーンの像。
国会議事堂から続く細長~い芝生の反対側へてくてく・・・は疲れるので、車でブーン。

b0083985_1359887.jpg
国会議事堂と対峙するように建てられてました。
ギリシャ神殿ちっく。
b0083985_13591654.jpg
なんと、リンカーンが高みから国会議事堂を見守るように据えられてました。
奴隷解放宣言は、北軍の勝利に利用しただけ説を聞いて、私の中のイメージが
かなり変わったんですが、アメリカでは今も特別な位置にある人なんですねえ。ほほう。



[PR]
by tabikuma | 2013-09-15 20:00 | 13年 NY&DCの旅

blog「くーまくーま。」より旅だけをまとめたものです。


by tabikuma