ジョアンとラウラ。

夜も10時を過ぎる頃、運よく陸からディンギーに乗り込むところでジョアンとラウラに出くわしました。
「Anda! Buenas noches!!(おんやまぁ、びっくり!こんばんわっ)」

何してたの?え、街の散歩?へ~。
我が家?今ネットから気象情報ダウンロードしてたの。
なんかさ、4日後にシロッコ来るってよ。

ヨッティーが集まると、まず最初に天候の話になる。
うちは、100%ネット情報で進路を決めます。
今年の旅は、なかなか当たると今ヨッティーに話題のポセイドンシステム(Poseidon system)のWeather Forecast と Sea State Forecast  が大いに役に立ちました。

彼らも今後私たちと同じくスペインへ帰るので、メッシーナ海峡を越えた後、サルデーニャ島のどこを通って戻るのか、お互い興味津々なのです。
最初に4日後のシロッコの情報を入手したのは私たち。
シロッコに乗ってサルデーニャ島の南からスペインへ渡るなら、メッシーナ海峡を越えたらシチリア島を西へ進むべきなのですが。
距離的には最短だけど、普段はきつい逆潮流と北風(逆風)なので、南からのシロッコに乗って北上できなければ、地獄コースになるのが予想される(汗)
予報が当たるか外れるかで、博打要素が強いのです。
堅実なのは、メッシーナ海峡を越えたら長靴沿いにそのまま北上して、ナポリあたりからサルデーニャ島に渡るコース。
時間はかかるけど順風を掴める確率は高い。だからって保証はないってコース。
どっちをとるか、迷うところなのです。

うーん、迷うよね~。。。
今のところ、ジョアン達は長靴北上コースを考えているようだった。
うちは・・・明後日の早朝出航でシロッコに乗ろうかと考えてる。
なんて、お互い持ってる情報を交換し合い、Buenas noches(おやすみ~)!と言って別れました。


って、あ、違う違うっ。
危うく忘れる所であった(ぽりぽり)

そうだそうだ、ねえねえねえ、うちにリトラルあるんだけど一緒に食べようよ!

誘ってみたら、二人とも大爆笑(笑)
「なっつかしいいいいいいい!!
私たち、最後のリトラルを開けたの、太平洋を渡るって前日だったのよっ。
ああ・・・これが最後のリトラルだわって感慨深く思ったの、すごく覚えてる!」って(爆)


じゃ、決まりね。
明日うちの船でリトラルの会しよっ。招待するよっ。

「わはは。じゃ、うちは何持ってく?冷えたビールとワインってのでいい?」


リトラル効果ばっちり。
話がまとまり、翌日彼らは遊びに来てくれたのでした。



[PR]
by tabikuma | 2009-10-13 23:16 | 09年 船旅(最後のクルーズ)

blog「くーまくーま。」より旅だけをまとめたものです。


by tabikuma