シラクーサはシロッコで大荒れ。

b0083985_11544275.jpg
シラクーサに到着したのもつかの間、いきなりアフリカからの南の強風シロッコが吹き始めました。

湾内は大荒れです。
b0083985_11555054.jpg
シラクーサ湾は広くていい反面、強風だと湾でも波がかなり高くなっちゃうのねぇ(汗)


夕方まで猛威を振るい、40ノット吹く瞬間も多々あって、あちこちでアンカーが抜ける船続出だったので、夜間航海の疲れを癒したいのに寝てられずです。
でも、抜けてる船は今のところ、ダメアンカーを使ってるか、出してる鎖の長さが短いかのどちらかなので、、今のところKUMA号は大丈夫(こういうチェックを入れてるから、寝てる暇がない)

KUMA号の旅を始めた年にアンカーが抜けまくって苦労したんで、旅の間中みんながどうしてるのか観察しまくった我ら。
その結果、抜けない!と一番人気の「DELTA」アンカーの、しかも船に対して一回り大きいのに買い替えたし、錨と船を繋ぐ鎖も重いものを使ってます。
さらに、普通のアンカーリングでは鎖の長さは水深の三倍の長さと言われていますが、この強風に6倍出してますからね。
そうそう抜けるはずがないのです。
(それでも万が一ってのがあるから、寝てられない)

もしも抜けた時は忙しく動くことになるので、時間のあるうちに食べておくことに。
不穏な空気を感じたら、まず食べる!が大事。
腹が減っては戦はできんっすからね。
作り置きの肉味噌と、ギリシャで買った朝顔の葉を炒めてご飯にかけて丼ものをかっ込みました。
b0083985_12102710.jpg

風が強くて食べにくそうだったので、髪を洗濯ばさみで留めてあげたら、おおっ「じゃりん子チエ!」(爆)
散髪屋が見つからず、ギリシャで切るという目論見は失敗に終わったくうま。
もうこの髪の長さは限界なので、シウラクーサですっきりさせよう。


こんな風にして、シラクーサ初日を迎えました。
昨年の経験ではシロッコは午前中静かで11時頃から吹き始め、始まると3日は納まらないので、翌日は早朝に買い物に出かけ、9時には船に戻って待機。
でも、結局今回のシロッコは一日だけでした。
シラクーサの人に聞くと、2009年のシロッコは狂ってるとのこと。
冬がとても寒くて、そして夏は異常に暑かったのだとか。今年のギリシャもメルテミが吹きっぱなしで変だったし。
沿岸はスペインもイタリアもギリシャも山火事が続発。
地中海はいつになく大荒れのようです。



[PR]
by tabikuma | 2009-10-05 12:14 | 09年 船旅(最後のクルーズ)

blog「くーまくーま。」より旅だけをまとめたものです。


by tabikuma